ほぼ日手帳の活用について

通常のシステム手帳との違い

ほぼ日手帳は、通常のシステム手帳(リングでリフィルを固定)とは違い、
“糸かがり”製本となっているおかげで、今まで気づかなかった
使い勝手のよさが感じられますね。

リングのあるシステム手帳の場合は、左側を書く場合にリングが邪魔だったのが、
ほぼ日手帳なら、リングを気にすることなくスカっと開きっぱなしでかけるので
まったくストレスを感じないですよね。

そして、ほぼ日手帳の極めつけは何といっても、1日1ページという発想ですね。
また、3時間単位の時間軸は、スケジュール管理にもってこいですし、
「秘密の縦ライン」は自分の好きなようにカテゴリーを分割できるので、
色んな使い方ができますから、自由な発想がわいてきますよね。

それに、ほぼ日手帳の365日すべてに載っている、「月の満ち欠け」と、
「名言迷言」があることで、飽きさせないところがにくいところですね。

スポンサードリンク